男性の不妊症と原因

不妊対策さまざまな原因がある男性不妊。精子のチカラが鍵
これまで不妊の原因は女性側の問題と見られており、産婦人科での不妊治療ばかり注目されていました。しかし、近年の研究によって女性側だけの問題ではないことが解明されました。男性に原因があるケースは、実に半数近くにも上がりました。

なんとなく捉えていた「治療は女性が受けるもの」というイメージは、誤解でしかありません。

実際に、妊娠は、男性の精子と女性の卵子がひとつになる事でスタートするのですから、男性側に妊娠を遠ざけてしまう要因があったとしても、なにも不思議ではありません。女性、男性の両方で検査を行うことで、短期間で治療が済むケースもあります。

男性不妊症の症状にも気をつける必要があります。
ここでは、男性側の「精子のチカラ」に着目してみます。

男性不妊症への影響は?あなたの精子は元気ですか?
男性不妊の3つの要因|1.精子の数が少ない 2.運動率が低い(元気がない) 3.奇形率が高い

1回の射精で放出される精子の数は、約1億から4億個。そのうち、卵子と結合できるのは、たったの「1つ」です。まず子宮の前で99%が死滅し、子宮内では数十万個以下となります。
さらに、卵子の周囲まで到達できるのは数百個以下。卵子にたどりついた精子はそれだけでパワーがあり、優秀だったということになります。この精子の“全体的なクオリティ”がとても大切です。全体のパフォーマンスがダウンしていれば、たとえ「対数億」の戦いを勝ち抜いてきたとはいえ、妊娠が継続しにくくなってしまうのです。

男性の不妊症対策とは