闇金は借金地獄への階段

ある日、急に現金が必要になった。でも持ち合わせがない。でも、家族には頼めない。そのような場合に、残りの選択肢として消費者金融から借金をしてしまう方がいますが、やむ得ません。簡単な審査で即日融資も可能ですし、即日に貸してくれますからね。

しかし、それには保証人を巻き込んだ厳しい取り立てがあります。このような業者から借りているこを認識していないと、さらに追い込まれることに。万が一、契約通りに返済できるよう、また借金するという負のスパイラルに陥った借金の連続で借金が膨れ上がります。次のステージが闇金融となります。しかし、彼らだけからは借りてはいけません。

社会欄に出てくる闇金のどこが違法なのでしょうか。違いを言えば、利息制限法や出資法で定められた利率以上で貸している業者、貸金業を営んでいるのに無登録の業者を、ブラック金融とかヤミ金融といいます。また、正規の貸金業者として登録されていても決められた金利を超えて貸し付けすれば看板はどうあれ闇金融となります。
闇金被害の相談所

以前から金貸しの貸付金利して「トイチ」、いわゆる10日間で1割の利息(年利360%)が徴収されていました。それが現在のヤミ金になると、かつての2~3倍の高金利を取っています。そのために、年利率1080%で10万円を借りるとすれば1年間で支払う利息は、驚くことなかれ、108万円、これってスゴイ金額です。このような金額を返済し続けることは不可能です。

弁済が1日遅れると、闇金業者からの厳しい取立てがスタートすることに。時間帯に囚われずに、根をあげるまで何回も督促電話をかけ、職場や友人宅にまで集金に現れたり、強圧的な言動で取立てします。前述のとおり、ヤミ金融業者は違法な高金利及び、過酷な取り立行為により、生活そのものを根こそぎ壊しますので、最悪にもサラ金からも借りれなくても、絶対に闇金業者を利用するものではありません。

しかし、どこかの闇金より借りてしまっていれば、何とか解決しよう一人で悩まずに、今すぐに闇金問題のプロ、弁護士もしくは司法書士に相談してみましょう。闇金そのものが違法ですから闇金の貸付金は、借りたお金も利息も返済する必要なんてなし、取引内容次第では、闇金へ返済した元利金を取り返し、取り立てや、嫌がらせの恐怖のない生活ができます。