歯科治療の初歩知識

歯科治療の初歩医者で行きたくな所で筆頭は歯医者ではないでしょうか。
出来るだけお世話にならないようにするには、事前に歯医者通いをするのが一番のようです。

何だか変だ理屈ですが、禍は早めに摘み取るのが簡単で痛みもないようです。
で、歯科医がオススメする事前の治療知識ベスト3をご紹介します。

第1位は、定番の歯石取り

多少チクチクして、痛みを感じる場合が多いですが歯の予防治療の第1位です。
通常の歯石であれば麻酔など使用せずに取ることが多いです。

健全で歯石のない健康な歯であれば刺激しても出血や痛みはそれほど感じませんが、歯石に接触している歯ぐきが炎症していれば、敏感な部分の歯石を取る際、刺激してしまうのでチクチクしたり痛みを感じます

定期的に歯石を除去するようになれば、歯石による炎症が抑えられて、痛みが少なくなるでしょう。

また、歯科医院で確実に除去できていれば、その後は自分で歯垢が歯石になる前に取り除くようにブラッシングをして歯石がつくのを防ぐことができます。

第2位は局所麻酔について

笑えるような笑えない話ですが、痛みを軽減するために行う局所麻酔が痛いので、嫌がる患者が多いようです。

最近の歯科治療では針を刺す部分にあらかじめ表面麻酔を塗り、さらに極細の針を使用するために麻酔の針を刺す瞬間の痛みは、かなり軽減されているようです。

それでも歯科で利用する局所麻酔は、口の中に注射されるために苦手な人が多いようです。

注射ぎらいの皆さんの中には、麻酔を用いないで治療を実施してほしいという人もいます。ですが神経がある歯の内部の刺激は全部痛みとして感知します。それがあるので大きくて深い虫歯に対処するには、麻酔が不可欠です。  

また歯周病の治療につきましても、中程度以上の歯周病だと、歯石を除去する場合に痛みが出やすいので、麻酔をした方が痛みもなくスムーズに治療ができます。
麻酔する時の少しの痛みは、麻酔しない時の治療の痛みより断然少ないです。

第3位は小さな虫歯の治療について

治療現場では虫歯の治療で、麻酔を使用するかしないかを決める明確な規定はありません。
麻酔も薬である以上、副作用を考えると、なるだけ使用しない方が良いのが当然でしょう。

そのため小さな虫歯を治療する場合には、麻酔を使用しない場合もあります。  そういった小さな虫歯の治療のとき、場所次第ではチクチク感じることがありえます。

実はこの痛みを参照して虫歯を削る量の判定材料にしてくれている場合もあります。こんなケースでは、痛みの個人差も存在しますが、少しの痛みで治療が短時間で完了するのなら、それで治療を行ないます。

ある程度の痛みがあり、治療に時間を必要とするようであれば、途中から麻酔の追加を検討するのがよいでしょう。

インプラント歯科を選ぶ前にみるべき比較サイト